快適に作業できるスペース

オフィスデザインから選ぶ

社内

事務机というとオフィスに必要なものであり、内勤の場合はここを中心に仕事が進められていきます。
パソコンを置いても広々使えるタイプや収納力のあるタイプなどが販売されています。
もちろん、オフィスのデザインから事務机を選ぶ事も出来ます。
ガラスのデザインだったり、細身でスタイリッシュなタイプ、立ったまま作業できるスタンディングデスクなども販売されています。
必要な時に連結したり、増設できるタイプならオフィスの広さに問わず活用できます。
これらの事務机は会議用にも人気があり、幅や奥行からサイズを選べます。
もちろん、通常の事務机として活用できるのでオフィス家具を揃える費用を節約する事も出来ます。
従来の事務机は同じ場所で作業するだけで、簡単に移動したり、用途を使い分ける事ができないタイプが多くありました。
しかし、現在は足に開放感があったり、軽く簡単に移動できるタイプも多くあります。
自由にレイアウトできたり、パソコン作業を快適にする配線ボックスが収納できるようになっています。
また、快適に作業できるようなデスクトップパネルやラック、デスクマットなども販売されています。
これらを取り付ける事で仕事に集中しやすくなりますし、他にも周辺備品を事務机と一緒に注文する事も出来ます。
長時間座って仕事をしても疲れないように考えられていたり、現在の事務机は進化しています。
ですから、価格だけで選ばず、機能性も重視して選ぶのがお勧めです。

スペースとの兼ね合いも

婦人

作業効率の良い職場環境は誰しもが望むところで、そのためには事務机をどのように配置するかもとても重要になってきます。
すべての職場について完全な正解は存在しませんが、なるべく最適に近付けることはできるのでそれなりの考慮はしておくべきでしょう。
まず効率的な事務机の配置を思案する前に、どのようなコンセプトで職場作りをするのかハッキリさせなければなりません。
たとえば相互のコミュニケーションを重視して活発な情報交換とその共有を目指すのなら、従来のいわゆる島型と呼ばれるタイプのものが良いでしょう。
その上で各デスク間のパネルの高さを調節することもできるので、細かい視点での効率化も可能になります。
そして個人的な作業を重視して黙々と仕事を行なって欲しいときは、銀行にみられるような皆が同じ方向を向いた事務机の配置の仕方もありますし、互いに背を向け合う背面式のレイアウトも存在しています。
上記以外にも事務机の配置方法には思っている以上のバリエーションがありますが、その仕方によっては従来よりも多くのスペースの確保が必要になるものもあります。
また机自体の形状などに制約されるケースもあるので、オフィスの空間との兼ね合いというものは常に意識せざるを得なくなります。
そして個人で全てを上手く行なうことはなかなか難しい場合もあるので、もしも不安な点があるのならオフィスのデザインなどを行なっている専門的な業者に依頼することも、選択肢の一つです。

会社で使う机の特徴

オフィス

会社ではその業務の作業場所として従業員に事務机を渡し、その場所で与えた業務を遂行してもらうのが一般的になっています。
この事務机ですが、いくつか種類があり、事務机を選択する際には、それぞれの特徴をもとに選択することが大切なのです。
まず一般的に使われている片袖机ですがその名前の通り、机の片側に引き出しが付いているものになり、価格も安くコンパクトになっています。
この片袖机のもう片方に引き出しをつけたものが両袖机と呼び、片袖机に比べて収容量が大きく業務スペースも大きいのが特徴です。
次に紹介するのは平机ですが、これは収納する引き出しがなく、必要に応じて個別に動かすことができるキャビネットを設けるものです。
平机は移動可能なキャビネットに従業員個人の持ち物を収容できるため、組織の改編が多い企業には最適なものになっています。
また平机よりもう少し大きなもので、現在注目を浴びているのがフリーアドレスデスクになりますが、こちらはキャビネットさえも設置することを想定していないのです。
その代わり、従業員がその時の業務内容や気分などで、業務をする場所を自由に選択できることに対応したものになります。
このように事務机といっても各種存在しており、業務の内容や働き方の仕組みなどに応じて、適切なものを選択する必要があるのです。
また、事務机を選ぶ際に大切なのは、きちんとサイズを確認することです。
レイアウトによっても最適な事務机のサイズは変わってくるので、あらかじめシミュレーションしてから購入するようにしましょう。